稀勢の里関が逆転優勝!優勝インタビュー「何がしたいか?」の答え

大相撲春場所、千秋楽に奇跡が待っていました。13日目で左肩を痛めた新横綱の稀勢の里関が逆転優勝を果たしました。普段はめったに表情を変えない稀勢の里関があれだけ痛がっていたので休場するのかなと思っていました。けれど14日目には出場。

しかし、鶴竜関との取り組みは何もできないまま2敗してしまいました。千秋楽は1敗の照ノ富士関との対戦。稀勢の里関は2回勝たなければ優勝はできません。このまま負けて春場所は照ノ富士関の優勝で終わるのだろうなと考えていました。

取り組みが近づいてきても家族でほぼ諦めモードでテレビを見ていました。日曜日だったので家族全員が揃っていました。ところが、予想外の展開で照ノ富士関に勝ち優勝決定戦が決まりました。これはもしかしたら優勝できるかもしれないという期待が大きくなって家族全員ですごく興奮して優勝決定戦を待ちました。

そして、稀勢の里関は右手のみで小手投げという技で優勝を果たしたのです。家族全員が「やったー」と叫んでいました。その後の表彰式での「君が代」斉唱の時の号泣した稀勢の里関を見て、横綱として優勝してホッとしたのかなとかケガをして苦しい場所だったのかなとか想像してまた感動しました。

私が大人になって見た逆転劇で一番感動した場所でした。今後、語り継がれる場所になるはずです。優勝インタビューで「何がしたいか?」との問いに「稽古」と答えた、相撲に対して真摯な稀勢の里関をこれからも応援したいと思いました。